島村楽器 ららぽーと横浜店 シマブロ

島村楽器 ららぽーと横浜店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

初開催!マイスター茂木顕による弦楽器調整会レポート

マイスターがららぽーと横浜店にやってきた!

みなさんこんにちは。ららぽーと横浜店で楽器の担当をしている栗原です。
この度4/16(日)に楽器マイスター茂木顕による楽器調整会を開催しました。
目の前で行われる調整に参加された方はもちろん、私も見入ってしまいました!
そんな調整会の様子をレポート致します♪

楽器マイスター 茂木顕について

f:id:shima_c_l-yokohama:20170417215805j:plain
国内の専門店製作工房勤務の後、1993年よりドイツの四代続くバイオリン製作の家系ステンゲル氏の工房に就職。2001年ドイツの国家資格であるバイオリンマイスター試験に合格し、その後ハンブルグの老舗ヴィンターリンクで工房長として勤務する。2004年から島村楽器の専属マイスターとなり、島村楽器テクニカルアカデミー(旧・代官山音楽院)アドバイザーを兼務。

楽器調整会の様子

今回使う工具です。

f:id:shima_c_l-yokohama:20170417150338j:plainf:id:shima_c_l-yokohama:20170417150357j:plain
すごい量ですが、こちらの写真に写っていないものもたくさんあります!
そして今回持ってきてもらった工具はほんの一部との事…。工房にはどれだけの工具があるのでしょうか!
よく見ると歯医者ではお馴染みの奥歯や歯の裏側を見るための鏡や、なんと手術用の鉗子まであります。
一体何に使うのかと思い聞いてみると鏡は魂柱の位置や状態を確認する時、鉗子は物を切らずに挟めるため交換の際などに使うそうです。

まず楽器の状態を点検するところから始まります。
・接着が剥がれているところはないか
・亀裂がはいっているところはないか
・駒や魂柱はずれていないか
・ペグやペグボックスの状態はどうか
など全体をチェックしていき、調整をしていきます。

調整内容

指版とナットの調整

指版についたの痕を消すため削り磨いています。
A線は調をする頻度が高いため、ナットの掘りが深くなり指版に痕が付いてしまうことがあるそうです。
f:id:shima_c_l-yokohama:20170417164254j:plainf:id:shima_c_l-yokohama:20170417164226j:plain

魂柱(こんちゅう)調整

専用の工具で位置を微調整していきます。
バイオリンの音が綺麗に響くのはこの魂柱があるからなんです!位置によって響きや鳴り方が大きく変わるまさにバイオリンの命。
魂の柱と書いて魂柱。…納得です。
f:id:shima_c_l-yokohama:20170417164245j:plain

駒の調整

の張力により、ペグ側に傾てしまうため定期的に調整が必要です。
放っておくと駒が折れたり、倒れたりし大切な楽器に傷を付けてしまうことがあります。
f:id:shima_c_l-yokohama:20170417164320j:plain

ペグ調整

今回ご参加いただいた方の調整内容で一番多かった内容でした。
動かす頻度の高いパーツのため木が摩耗したりすることで動きが悪くなったり、逆にしっかり止まらないということが起こります。
ペグコンポジションやチョーク、石鹸を使ってスムーズに動くようにしていきます。
f:id:shima_c_l-yokohama:20170417164259j:plain
それでも調整が難しい場合にはこのペグ・シェーバーというものを使ってペグを削ります。
鉛筆削りのようになっています。
f:id:shima_c_l-yokohama:20170417150417j:plain
こちらはペグ・リーマーといってペグボックスが歪んでいないかをチェックする工具です。
f:id:shima_c_l-yokohama:20170417150422j:plain

ボディの接着し直し

接着が剥がれている個所を膠(にかわ)で付けていきます。
f:id:shima_c_l-yokohama:20170417164442j:plain
膠を塗った後はこちらで固定。まるでギプスのようです。
f:id:shima_c_l-yokohama:20170417164358j:plain

バイオリンの接着に使われている膠(にかわ)とは動物の皮や骨等を原料とし、これを水と共に加熱して製造した有機たんぱく質です。
瓶に入った薄い黄色のものが膠です。
f:id:shima_c_l-yokohama:20170417164454j:plain
ゼラチンのようになっているため水と混ぜ、火であぶり伸ばしていきます。
f:id:shima_c_l-yokohama:20170417164413j:plain

クリーニング

松脂が付いたボディを専用のポリッシュを使って磨きます。
f:id:shima_c_l-yokohama:20170417164227j:plain
綺麗に保つコツは、綿100%の布を使って(茂木さんはご自身が着ていたシャツを切って使っていました)、練習したその日のうちに松脂を取り除くことだそうです。
1日、2日と経つと松脂がべたつきポリッシュを使わなければ取れなくなってしまいます!

まるで新品のようにピカピカになり皆さん笑顔でした♪

調整会を終えて

マイスター茂木さんとアシスタントの森貝さん、店長の渡辺でパシャリ♪
f:id:shima_c_l-yokohama:20170417214602j:plain

今回ららぽーと横浜店で初めて開催した楽器調整会。たくさんの方がご参加され満足していただけました!
ご参加いただいた皆様、来てくださった茂木さんに感謝です。
そして私自身、この調整会を通しバイオリンがもっと大好きになりました♪
今後は定期的に開催する予定ですので、改めて開催が決まりましたらご案内させていただきます。

また、当店では楽器の修理を随時承っております。
状態で気になる点がございましたらいつでもお気軽にご相談下さい。
みなさまのご来店を心よりお持ちしております。

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.